ウケる笑いとスベる笑い〜lol’s blog〜

何気ない日常の会話に、ウケるスキルで笑いを起こす(^_^)v

単語をバラす【日常笑会話】

もし、あなたが普段から笑いたいと思っているなら、このブログはお役に立てると思います。ウケる事例をちょいちょい集め、ゆる〜く体系化。具体的な切り口で紹介しています。何気ない日常に笑いを!

 

単語をバラ

一つの単語をあえてバラして言うことにより、新鮮な響きになり、また意外性があると笑いが起きます。

「の」、「と」などが使いやすいです。

 

【例】

ルーティン→ルーのティン

民宿民の宿

鼻水鼻の水

デリヘルデリのヘル

屍→シカのバネ

講釈→講の釈

難民→難しい民

浅田忠信→ただのブー

カリスマ→カリのスマ

 

 

【用例】

「お前のルーのティンはどうなってるんだ、ちゃんとルーしてからティンしてるのか?」

 

「やっと見えてきたよ、民の宿」

 

「おいおい、鼻の水が出ちゃってるよ!」

 

「昨日、デリでヘルっちゃったんですよ」

 

「まるで、生けるシカのバネだな」

 

「あいつに講の釈をたれられましたよ」

 

「キラキラ女子のカリのスマ」

 

「いまだにガラケーしか使えない人をガラケー難民て言うらしいよ」「あー、あれは難しい民だから」


「お前、もしかしてチョコもらったの?バレンタインのデイに?」


「お前、ダウンとタウンのどっちの方が好き?」「まっちゃんかな」

 

 

では。

 あ、面白いの思いついたら、ブクマかコメントに書いていただけると嬉しいです。

そして、パクらせてもらいます!