ウケる笑いとスベる笑い〜lol’s blog〜

何気ない日常の会話に、ウケるスキルで笑いを起こす(^_^)v

読書アウトプット

 書籍:書き出し小説

 編:天久聖一

f:id:laughoutloud:20170610210335j:image

オリジナル小説の最初の書き出しのみが集められた本です。

川端康成『雪国』の「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」の部分です。

この冒頭の部分だけしか書かれていません。

それ以降は読者の想像力で小説を完成させるという異色な本です。

完成された小説がひとつの物語しか語り得ないのに対して、書き出し小説は読み手のイマジネーション次第で無限のストーリーを読み解くことができる。また、冒頭以外は読む必要がないので時間も大いに節約できます。

 

私がツボッたベスト3を紹介したいと思います。

 

第3位

 

並走する電車の女が、にらめっこをしかけてきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 第2位

 強盗の目を盗みボタンを押すと、天井のミラーボールがゆっくりと回り始めた。

 

 

 同率2位

「いいね、これリビングに置きたい」彼が座ると、ソファーの脚が折れて売り場の外へ転がっていった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第1位

 

モンスターペアレントは森の人気者だ。

 

 

 

う〜ん、どれも秀逸でニヤリ( ̄ー ̄)ときますね。

では。