ウケる笑いとスベる笑い〜lol’s blog〜

何気ない日常の会話に、ウケるスキルで笑いを起こす(^_^)v

どうでもいいことを2回続けて言う【ウケるトークスキル】

もし、あなたが普段から笑い笑わせたいと思っているなら、このブログはお役に立てると思います。ウケる事例をちょいちょい集め、ゆる〜く体系化。具体的な切り口で紹介しています。何気ない日常に笑いを!

 

どうでもいいことを2回続けて言う

どうでもいいことを2回続けて言うことによって笑いを誘います。

どうでもいいことだけど、なんか話したい。特にオチがあるわけでもないけど言いたい時など有効です。

普段の同僚や友人との会話や、会話がマンネリになった夫婦間でもボソッと言うのも効果的です。

 

ケース1

あなた「知ってる?今日さ岸部シローの誕生日なんだよね」

同僚「、、、へぇー、で?」

あなた「いや、それだけなんだけど」

同僚「う、うん、そーなんだ」

・・・

ここで終わってしまう場合、同僚が「なんだそれ!」とツッコンでくれれば良かったのですが、「う、うん、そーなんだ」と尻つぼみに会話が終わってしまいました。

そのままで終わらしてしまうのはもったいなので、この部分をフリとして使い、再度同じフレーズをあたかも初めて言うかのように言いましょう。2回目は、前半部分はゆっくり言って、間をとって、後半は素早くハキハキを言うように心がけましょう。

こんな感じです。

 

ケース1をブラッシュアップ

あなた「知ってる?今日さ、岸部シローの誕生日なんだよね」

同僚「、、、へぇー、で?」

あなた「いや、それだけなんだけど」

同僚「う、うん、そーなんだ」

・・・・・・(少ししてから)

あなた「あれ?そういえばこの話したっけ?」

同僚「え?なんの話?」

あなた「実はさぁ、今日ってさぁ、、、岸部シローの誕生日なんだよね!」

同僚「聞いたねぇ、直前に聞いたよ。デジャブなのかな」

 

 

f:id:laughoutloud:20170607203139j:image

f:id:laughoutloud:20170607222525p:image

f:id:laughoutloud:20170607222529p:image

では。