ウケる笑いとスベる笑い〜lol’s blog〜

何気ない日常の会話に、ウケるスキルで笑いを起こす(^_^)v

読書アウトプット【DOP】

第二のバイブル、、、

ウケる!トーク

著者:田中イデア

面白く話せる内容が書いてある唯一無二の書籍です!

f:id:laughoutloud:20170429211601j:image

 

ツッコミやカエシ、ボケがある程度言えるようになってくると、今度はすべらない話のようなエピソードトークをしゃべりたくなります。

しかし、これが難しい。たまに素人でもおしゃべりがうまい人がいるので、自分もできそうな気がしていたのですが、何をどうしゃべったら面白いのかが全然分かりません。

構造や考え方が見えないのです。

色々うまく話ができる本系の本を読んでみますが、まずは聞き上手になるとか、なにも笑わせようとしなくていいとか、一昔前のジョーク集だったり、普通というかつまらない。退屈。

そんな中、異彩を放っている書籍がこの「ウケる!トーク術」です。サブタイトルの「昨日起こった出来事を面白く話す方法」このキャッチフレーズで私は購入。

内容もとても充実している、非常に分かりやすい!笑いを取るためのトークはどうすればよいのかとテーマが絞られており非常に良かったです。

田中イデアさんのことも尊敬しています。とても大切なことが書かれている第4章と第5章は音読したものをボイスレコーダーにいれ、聞きまくりました。

 

ポイントをまとめると

・緊張の緩和で笑いが起こる

・話はフリとオチ、安心から不安または不安から安心

・落差が大きいほど笑いも大きくなる

f:id:laughoutloud:20170429211536j:image

エピソードトークの作り方

5W1H1D(いつ、どこで、誰が、何を、どのように、どうした、なぜ)で話の骨子をつくり

自分の感じた事、感情を入れる

起承転結で話の流れを作る

共感を得られるオチにする

話を大げさにする

不要なところを削る

口に出す

f:id:laughoutloud:20170429211554j:image

 

しかし、正直、エピソードトークはまだまだ不十分な領域なので、今後も実践を積んでいきたいと思っています。

 

 

お笑い芸人に学ぶ ウケる!トーク術

お笑い芸人に学ぶ ウケる!トーク術

 

 

  では。