ウケる笑いとスベる笑い〜lol’s blog〜

何気ない日常の会話に、ウケるスキルで笑いを起こす(^_^)v

ウケるトークスキル【自分フォロー】

もしあなたが、スベるのが怖いからボケられない。。。と思っているなら今日の話はお役に立てると思います。

会社、学校、飲み会、コンパ、同窓会、デート、人生には様々なシチューエーションがあります。面白いことを言って注目されたい!と少なからずとも思うのは誰しも同じでしょう。

しかし「ボケが思いついた!」または「これ言ったらオモロいかも!」でもスベった時のことを考えると怖くてここは言わないでおこう、、、毎回毎回そう思い尻込みをしていつまでたっても自分の殻を破ることができない。そんな自分に嫌気がさす、こんなことありますよね。

そして、スベっても気にしない人やスベってもそのあとのフォローで笑いに持っていく人もいて、羨ましく思うこともありますよね。

あいつのキャラ得だよな、、、とキャラのせいにしたりします。何を隠そうわたしはそうでした。いつも笑いに持っていく人を見て羨ましがっていました。なぜあいつに出来て、俺には出来ないのか?

そこで、観察をしました。友人、お笑い番組、トーク番組、そして本なんかも読みました。そして、とても簡単な方法を見つけることができました。

安心してください。もう一歩先まで考えるだけで、楽〜にボケることができるようになります。しかも簡単なセリフで、、、

基本的にはボケた後に、スベったなと思ったら自分をフォローして言えば良いだけです。

そのボケとセットのセリフとは、、、

「、、、ごめんなさいね、こんな湿っぽい空気になっちゃって、、、」です。

「あれ?俺スベってる?」や「あれ、全然ウケてない?」とかも良いですが、ちょっとわざとらしいトボケ感がキャラに合ってないと更にスベると言う悪循環になってしまいます。ちょっと申し訳ない感じを出す方が笑ってもらいやすいです。

考え方としては、(ボケ後に)「謝罪+(マイナスイメージの雰囲気)になっちゃって、、、」です。「すみません、なんか突然告白した感じになっちゃって、、、」、「面目無い、テレビでHなシーンになった感じにしちゃって、、、」とかでも良いです。慣れてきたり、いいのが見つかったら自分でアレンジして見ましょう。