ウケる笑いとスベる笑い〜lol’s blog〜

何気ない日常の会話に、ウケるスキルで笑いを起こす(^_^)v

お約束【日常笑会話】

もし、あなたが普段から笑い笑わせたいと思っているなら、このブログはお役に立てると思います。ウケる事例をちょいちょい集め、ゆる〜く体系化。具体的な切り口で紹介しています。何気ない日常に笑いを!

 

お約束

おきまりの話の流れやおきまりのフレーズで笑いを誘います。 

 

f:id:laughoutloud:20170726081312j:image

三次会までは覚えてる

 

 

 

f:id:laughoutloud:20170726081548j:image

A「俺、やりたい」、B「俺もやりたい」、C「俺も」

D「俺も」

全員「どうぞどうぞ」

 

 

 

f:id:laughoutloud:20170726081103j:image

「はい、豊田真由子です」

 

 

 

f:id:laughoutloud:20170727201909j:image

上司「お前、あれやり過ぎだぞ」

部下「アーートネイチャーーー!」

 

 

 

 f:id:laughoutloud:20170727202210j:image

クリリンの仇ーー!」

 

 

f:id:laughoutloud:20170727203420j:image

だっちゅーの!

 

 

 

 事例少ない、、、他に思いついたのあればブクマやコメントで教えてもらえると嬉しいです!

m(_ _)m

 

 

では。

 

 

急にキャラを変える【日常笑会話】

もし、あなたが普段から笑い笑わせたいと思っているならこのブログはお役に立てると思います。ウケる事例をちょいちょい集め、ゆる〜く体系化。具体的な切り口で紹介しています。何気ない日常に笑いを!

 

急にキャラを変える

会話の途中で、急にキャラを変えます。よくあるわかりやすいキャラが良いです。下の例は極端な例もありますが、社長、新人、忍者(ござる)、教育ママ(ザマス)など。リアクションする時は、即レスで返すことにより面白味が増します。

 

 【用例】

<株取引をしている先輩と後輩>

【よ】夜はまだまだ長いよ

「先輩〜、やべ〜です、また株価ストップ安ですよ〜」

「まぁ、まぁ、そんなに焦んなよ。しょーがないよ」

 

【に】入稿前日に大量の赤字

「オメーが勧めてきたんだろ!」

 

 

 

職務質問

「出会って4秒で職質」のフリー写真素材

警官「ねぇ、君、ちょっといいかな?」

男「え?あ、はい」

 

「マイナンバーを収集するときに必要な 本人確認ってなんですか?マイナンバーを収集するときに必要な 本人確認ってなんですか?」[モデル:大川竜弥]のフリー写真素材を拡大

警官「このバイクは君のバイク?」

男「あ、はい、僕のです、、、」

警官「免許証見せてくれるかな?」

 

 

 

「マイナンバーの管理が面倒です。適当に管理したらいけませんか?マイナンバーの管理が面倒です。適当に管理したらいけませんか?」[モデル:大川竜弥]のフリー写真素材を拡大

男「ヤベーーー!」

警官「あっ、待つザマスーーー!」

 

 

「被疑者確保の瞬間」のフリー写真素材

警官「オラァァ、静かにするざます!」

男「なんでござるか!放すでござるっ!」

 

 

 

では。

一つ減らす【日常笑会話】

もし、あなたが普段から笑い笑わせたいと思ってるなら、このブログはお役に立てると思います。ウケる事例をちょいちょい集め、ゆる〜く体系化。具体的な切り口で紹介しています。何気ない日常に笑いを!

 

一つ減らす、または増やしてみる

相手が言った数字を一つ減らしたり増やしたりして、返します。相手に「変わんねーよ」と突っ込まれならが笑いを誘います。

 

【用例】

シーン1

タプタプスマイル

あなた「今、体重いくつ?」

後輩「今90Kgです。痩せようと思ってるんですけどね」

あなた「それは、太りすぎだわせめて89kgにしとかないと」

後輩「たったの1キロ減?(笑)」

 

シーン2

モゥーひと頑張り

<飲み会で>

男「ちなみにいくつ?」

女「え、いくつに見える?」

男「いや、そんなんええから」

女「え、ええっと、、、26歳」

「えー!26歳には見えないなぁ、、、27歳かと思った」

女「ひどーい、まさかの1こ上?(笑)」

 

シーン3

メガネと唇で変装するプチデビル

男「あれ、今日もメガネが違うね、一段と引き立つねぇ」

女「えー、ありがとうございます、メガネが趣味で結構持ってるんです」

男「へぇーどのくらい持ってんの?」

女「そうですね、20個くらいありますよ」

「え、20個?すごいね、多すぎだわ、せめて19個にしとかないと」

女「それ、そんなに変わんないです(笑)」

 

 

では。

祝♡ 読者数100人^_^

いつも読んでいただきありがとうございます!

このブログの読書さんが100人になりました。

つい先月まで30人ほどの弱小ブログ(通称:瀬戸内弱小ブログ)だったので素直に嬉しいです。

そして、一日のPVも増えました。ブックマークに嬉しいコメント、ツッコんでもらえるコメントがほとんどで、ニヤついてしまいます。この反応を楽しむためにブログを書いてたりします。

しかし、PVが伸びる時はブコメにネガティブコメントも書かれるようになりました(´;Д;`)

私は打たれ弱い人間なので、とても耐え難い気持ちになります。

しかし、そんな時いつも読んでいただいている方が励ましてくれるのです。

これがめちゃくちゃ嬉しいんです。

目頭が熱くなります。

感動して鳥肌が立ちます。

ブログでこんなに勇気をもらえるなんて思ってなかった。感動できるなんて思ってなかった。

プラスの方向を向いている人、プラスの方向に向けてくれる人、プラスの輪を広げることができる人

私もそんな男前な奴になりたいですね!d(^_^o)

 

読者の皆様、いつも本当にありがとうございます。

感謝! m(_ _)m 

 

 

では。

 

読書アウトプット

タイトル:怖い絵

著者:中野京子さん

 f:id:laughoutloud:20170722172537j:image

 本のタイトルと表紙の絵でジャケ買いしてしまいました。

美の巨匠とか嫌いじゃない。

絵に隠されたメッセージを解説してくれるからです。

この本も、絵画に隠されているメッセージを伝えてくれる本になります。

 

f:id:laughoutloud:20170722172714j:image

この絵は、ラ・トゥールの『いかさま師』です。

明らかに目つきが鋭い中心の女、この本の表紙も飾っています。

 

この女だけがいかさま師かと思いきや、右の位の高い家の若い男(女ではないのです)以外は、全てグル。

 

若い男(=カモ)は、金貨が多くここまでだいぶ稼がせてもらっています。今回も勝てると思い手札に夢中になっているところで、酒を注ぐ女がカモの手札を伝える役目をし、鋭い目つきの女が自然に「どうぞ」と言いながら、左の男に手で指示を出しているところなのです。

 

ここからカモが身包みはがされる「まさにその時」の絵なのだそうです。確かに怖い絵です。

目つきも鋭すぎて怖いを通り越して笑けてきます。

買う前から、笑ってましたが、、、

 

f:id:laughoutloud:20170722173045p:image

 

 

では。

わざとらしくアピる【日常笑会話】

もし、あなたが普段から笑い笑わせたいと思っているなら、このブログはお役に立てると思います。ウケる事例をちょいちょい集め、ゆる〜く体系化。具体的な事例で紹介します。何気ない日常に笑いを!

 

ワザとらしくアピる

自分をワザとらしくアピールする。今までそんな雰囲気を出していなかったのに、相手の発言を受け、急に相手の意向に応えるようアピり返し笑いを狙います。

 

【用例】

 

<飲み会で>

男「好きなタイプはどんなの?」

女性「わたし?んー、優しい人が好きかな」

男「大丈夫?腰は痛くない?エレキバン持ってこようか?さするよ、俺はだいぶさするよ。」

「激しい縦揺れ」のフリー写真素材

 

 

 

 

男「好きなタイプはどんなの?」

女性「わたし?んー、ワイルドな人が好きかな」

男「俺、重機で退社するよ」

f:id:laughoutloud:20170711194210p:image

 

 

 

 

【応用】

ちょっと、トリッキーな自虐ネタや連想で話を膨らませることもできます。

 

 

女「私、料理できる男性が好きかな」

男「ちょうど良かったよ。俺、脇毛でダシ取れるから」

脇毛の処理を怠った水泳選手

 

 

 

 

女「私、料理できる男性が好きかな」

男「俺、顔のアブラすごいから、小さじ一杯までなら俺で大丈夫だよ」

社長が話しかけてくる時の顔の距離がやたら近い

 

 

男A「ぼく、セクシーな人がいいんですよね〜」

女「えぇ〜!?」

男B「俺も」

男C「なんなら半裸ぐらいの」

女「そんな子、この中にいるのかなぁ、、、」

f:id:laughoutloud:20170722064424j:image

 

 

では。

相手が考えてそうなことをいう【日常笑会話】

もし、あなたが普段から笑い笑わせたいと思っているなら、このブログはお役に立てると思います。ウケる事例をちょいちょい集め、ゆる〜く体系化。具体的な切り口で紹介しています。何気ない日常に笑いを!

相手が考えていそうな事を言う

相手が考えていそうなことを読み、口に出して笑いを誘います。俗に言う図星。最後に逆ギレチックにいじることができると笑いが増します。

 

【用例】

突然の紙詰まりを直しに来た社内の複合機通

男「チッス、あ、今ウザいヤツが来たって思ったでしょ」

 

 

 

恥ずかしくて視線を合わせることができないドイツ語教師

<2月13日に>

先生「ここ、テストに出ると思うよ、多分出るかな、いや必ず出るね!」

女子「もしかして、明日バレンタインチョコもらえると思ってない?、、、あげないけどね(笑)」

 

 

 

「駐車中のオフロード車」のフリー写真素材

男(駐車場にバックで車を入れるとき、腕を助手席にまわす)

女「もしかして、それやったら私がキュンするって思ってるんじゃない?、、、キモいからっ」

 

 

男「もしかして、それやったら許してもらえると思ってない?その部位、俺のだから」

 

 

腰にひねりを加えることで、キータッチの速度を従来の37倍にまでアップさせる

<ボタンを押した途端、ドゥンッと画面が暗くなる>

「いきなり画面落ちたけど、今『俺のせい?』って思ってるでしょ」

 

 

では。

倒置トーク【日常笑会話】

もし、あなたが普段から笑い笑わせたいと思っているならこのブログはお役に立てると思います。ウケる事例をちょいちょい集め、ゆる〜く体系化。具体的な切り口で紹介しています。何気ない日常に笑いを!

 

倒置トーク

話す順番を逆さにすることで面白みが増します。理由の部分を最後のオチにします。

ちょっと気をつけるだけで、クスッとくるコメントになるので試してみてください。

類似の形として、関西人の「〇〇したらええんちゃう、知らんけど」もあります。

 

 

【例文】

「デブなのに、ダイエットのことめちゃめちゃ詳しいんですよ」

↓ ↓ ↓ 

「ダイエットのことめちゃめちゃ詳しいんですよ、、、デブなのに」

 

 

【用例】

 f:id:laughoutloud:20170714075331j:image

「すごいアピってくるんですよ、、、彼氏いんのに」

 

 

 f:id:laughoutloud:20170714075402j:image

「めっちゃ笑ってるじゃないですかぁ、、、あの本『応仁の乱』なんですけどね」

 

 

 

 f:id:laughoutloud:20170714081732j:image

「みんなよってたかって僕をいじめるんですよ、、、ハゲてるからって」

 

 

過去の武勇伝を語りだす男性(5度目)

夫婦円満のコツを語るんですよ、、、バツイチなのに 」

 

 

では。

読書アウトプット

タイトル:そうだ、星を売ろう

著者:永井孝尚氏

 f:id:laughoutloud:20170717215658j:image

先日、長野県阿智村の「日本一の星空」を見てきたのです。

まぁ、確かに「おおお!」となって、星を売るなんてすごい発想だなぁと思ってたんです。

そしたら、泊まっていた旅館にこの本が置いてあり、自分の実体験とすり合わせて読書ができると思い読みました。

フィクションと書かれていますが、実際は実話に近いビジネス物語ではないかと思います。

私はこの星空ありきで、村全体が一丸となって村おこしをしたものだと思い込んでいたのですが、現実はそんなキレイ事・あまいものではありませんでした。

そもそも、夜空がすごいなんで村の人は誰も思っていなかった。

村の行政を取り込み対立するコンサルタントの嫌がらせや妨害工作

人がいない、モノがない、カネがない。リスクをとらざるを得ない。

少しお客が集まりだすと客を回せとせびる地域旅館たち。

さらにお客が集まりだすと、ウチにメリットがないと騒ぎ始める地域商工会会員たち。

色々な障害物を乗り越えるサクセスストーリー形式で「変革を推進するための8段階のプロセス」が紹介されています。

また、『日本一の星空ナイトツアー』で80歳の母の手を握って感動した娘の手紙。

行列が長すぎて並んでイライラする客に露店を出してほしいと商工会にお願いしても面倒臭がられ、そのことを雑談交じりに相談していた五平餅を作っているおばちゃんたちが「情けねぇ話だねぇ」と言って五平餅の露店をかってでてくれたエピソード。

対立するコンサルタントの部下だった男が、星空の美しさに心を打たれ星空ガイドに応募してきたくだり。

など、読んでいて目頭が熱くなる感動エピソードもよかったです。

 

体験と本が身近でリンクするっていいですね。

あと、泊まった宿の気配りが凄くてそれにも感動していたのも多分にあります。

泊まった旅館は『石苔亭いしだ』さんというところです。19室しかない旅館なのですが、旅館の雰囲気や接客・サービスが良い。素晴らしくてファンになりました。これは次も泊まりますね(^o^)

 

では。

 

 

 

読書アウトプット

書籍:稼ぐ言葉の法則「新・PASONAの法則」と売れる公式41

著者:神田昌典

 f:id:laughoutloud:20170715085226j:image

 

PASONAの法則とは、マーケッターの間ではよく知られている法則で、神田氏が17年前に開発したものだが、今まで書籍化を拒んできた。

なぜなら、あまりにも効果的かつ即効性があるため、悪用されかねないから。

しかし、ようやく誤解されること無く、説明できる自身がついたので、時代の変化を踏まえて改善し「新・PASONAの法則」として、初めて詳しく説明する。

 

何年も前に神田氏の「PASONAの法則」の教材を購入していたこともありPASONAの法則は知っていた。しかし、確かに、書籍として神田氏がPASONAの法則について書いていたものは無かったなぁと思い購入。改めてPASONAの法則を確認したいと思います。PASONAの法則とは問題⇒親近感⇒解決策⇒提案⇒絞込み⇒行動の順に文章を書くと売れる文書になるというものです。

 

Problem(問題)

買い手が直面している問題、もしくは顧客が切望する欲求を明確化する。

↓ ↓ ↓ 

Affinity(親近感)

買い手と同じ痛みや、同じ望みを持っていることを、ストーリーや五感を通じて描写する。

↓ ↓ ↓ 

Solution(解決策)

問題が解決、もしくは欲求が実現できる方法があることを伝える。

↓ ↓ ↓ 

Offer(提案)

具体的な提案を行う。サンプル、モニター、お試しや、価格、特典を明示する。

↓ ↓ ↓ 

Narrowing down(絞込み)

提案を受け入れ、問題可決できる、もしくは欲求実現できる人が満たされなければならない条件を挙げる。

↓ ↓ ↓ 

Action(行動)

緊急に行動しなければならない理由を挙げ、行動への後押しをする。

 

 

PASONAの法則は「どういうか」という部分で、その前の「誰」に「ナニ」をの部分は次の5つの質問で掘り下げていく。

1.商品の特徴をわかりやすくする

あなたの商品は、ズバリどんな商品か?その特徴を二つを、20秒以内で、直感的にわかるように説明すると?

 

2.商品を欲しがっている「顧客」を見つける

この商品を20秒以内で説明しただけで、「何とか売ってくれ」と頭を下げて、嘆願してくるお客は、どのようなお客か?

 

3.自社の信頼性を表現する言葉を見つける

いろいろ似たような会社がある中で、既存客は、なぜ自分の会社を選んだのか?同じような商品を買えるような会社がいろいろある中で、なぜ既存客は、自分の会社からこの商品を買うことに下のか?

 

4.さらに顧客の内面に入り込み、「共感」を得る

いったいお客はどんな場面で、怒鳴りたくなるほどの怒りを感じているか?

どんなことに夜も眠れないほどの悩み・不安を感じているか?

どんなことに、自分を抑えきれないほどの欲求を持つか?

その「怒り・悩み・不安・欲求」をお客が感じる場面を「五感」を使って描写すると?

 

5.顧客の安心を見つけ、圧倒的な証拠を提示する

なぜこの商品はその悩みを簡単に、短時間で解決できるのか?

それを聞いたとたん、お客はどんな疑いを持つか?

その猜疑心を吹き飛ばす具体的・圧倒的な証拠は?

「それ意味ないじゃん」トーク【日常笑会話】

もし、あなたが普段から笑い笑われたいと思っているならこのブログはお役に立てると思います。ウケる事例をちょいちょい集め、ゆる〜く体系化。具体的な切り口で紹介しています。何気ない日常に笑いを!

 

「それ意味ないじゃん」トーク

話終わった後、相手に「それ意味ないじゃん」と突っ込まれるよう話をします。

意味のなさ、バカバカしさでウケを狙います。

【用例】

笹食ってる場合だわ

パンダ「あれ、これさっきワイが全部食って捨てた笹やん!」

 

 

眠ってしまうほどの心地よいリラクゼーション

院長「私、腰痛治しのプロなんですね。再発しないので、お客が来なくなり儲からないんですよ」

女「ダメじゃん」

 

 

「俺の2ヶ月のライザップ効果みる?ちょっとまってな、、、」

「タイトな女性用スポーツウェアに無理やりねじ込もうとする戦うバディ」のフリー写真素材

「ょいしょ、ちょっとまってな、、、」

「衣装をなかなか引きちぎれない新人プロレスラー」のフリー写真素材

「これや」

「たった2ヶ月で、このカラダ(肥満)」のフリー写真素材

 

 

 

 

全自動卓で無意味の洗牌(シーパイ)

部下「あれ、これ全自動の麻雀卓じゃなかったでしたっけ、手積みするんですか?」

上司「あー、機械は信用できんからな」

 

 

 

(明太子で面白いことをやって欲しいと患者さんにせがまれ困っていたところに、淋しい熱帯魚がラジオで流れてきて)

Hart on wave  Hart on wave

あなたはこない

私の思いをジョークにしないで〜」

 

 

 

Picture by Ryan McGuire

「あ、ヘッド部洗うの忘れた」

 

 

では。

 

 

お世辞【日常笑会話】

もし、あなたが普段から笑い笑わせたと思っているなら、このブログはお役に立てると思います。ウケる事例をちょいちょい集め、ゆる〜く体系化。具体的な切り口で紹介します。何気ない日常に笑いを!

 

お世辞=思ってもないことをオーバーに言う

相手が喜びそうなことをオーバーに言う、お世辞になる場合もあります。

中途半端は良くありません。恥ずかしげもなくはっきりと言い切る事で笑いにつながります。

【用例】

食パンを咥えた女子高生とぶつかるレアなケース

<ぶつかった美人に対して>

「うわー、すごい綺麗!教科書に載ってましたよね?

 

 

 

ジャンプするビジネスマン

<上司Aに対して>

「さすがAさん、仕事が早い、顔もイケメンだし、スーツもおしゃれだ、やっぱAさんはすごいなぁ!積んでるバネが違うもんなぁ!

 

 

 

驚きの表情アルパカ

<恋愛の相談に乗ってもらって>

今度、恋愛セミナーやってもらっていいですか?壺とか買わせてください!

 

 

 

f:id:laughoutloud:20170712205339j:image 

先輩の言葉って深いわぁ。握手とかしてもらっていいですか?

 

 

では。

 

お前が言うなトーク【日常笑会話】

もし、あなたが普段から笑い笑わせたいと思っているなら、このブログはお役に立てると思います。ウケる事例をちょいちょい集め、ゆる〜く体系化。具体的な切り口で紹介しています。何気ない日常に笑いを!

 

 

「お前が言うな」トーク

話終わった時に、相手に「お前が言うな」とツッコまれるような話をします。

 

【用例】

 

f:id:laughoutloud:20170711080845j:image

とり「落ち着けーッ!」

 

 

f:id:laughoutloud:20170711081815j:image

男「そんなとこに違法駐車してっと、駐禁切られるぜっ!」

 

 

ナース「どんだけ無視すんのよ、テキトーな仕事してんじゃねーぞ!」

 

 

 f:id:laughoutloud:20170711080258j:image

サル「お前、、、顔色悪くない?

 

 

f:id:laughoutloud:20170711082858j:image
(太った輩がフリーザのモノマネで)

「そんなに食べたら太りますよ」

 

 

では。

 

ボス猿と親父

うちの親父はNHKが好きで良く見ていました。

うちにはテレビが一個しかなかった為、親父がNHKを見るときは私も家族もNHKを見なければなりませんでした。

多分小学4年生の頃だったと思うのですが、土曜の夜9時に猿の生態のノンフィクションみたいなのをやっていました。

居間のテーブルには親父、おかん、私、弟がいて猿のノンフィクションを観ていました。

f:id:laughoutloud:20170710203352j:image

野生のボス猿は他の猿集団のボスと戦って勝ち、自分の集団を守る。負けたら即ボスの座から転落する厳しい運命だ、、、みたいな内容だったと思います。

 

親父は「こんなボス猿のように集団を守れる男にならんといけんよ」と格言めいた、あたかも自分がボス猿かのようなコメントを私や弟に言ってきました。私と弟は「うん」と生返事をしたと思います。

おかんが「おとうさんは、どうなんかね?」とつっこんできて、「わしゃぁ、大丈夫よ。ハハハハ」と意味不明に笑っていました。

 

その次の日、日曜の夜、いつもの通り4人で川の字になって寝ていると、ドスンと鈍い音がして、家が縦に大きく揺れて目が覚めました。その後も大きく揺れる、結構大きな地震です!

 

 

 

 

 

親父は布団から

文字通り飛び起きて

一人で速攻逃げていきました。

ランニング&ブリーフ姿のまま、無条件でダッシュする親父の後ろ姿が、今でもハッキリと目に焼き付いています。

その後地震が収まり、被害はなかったのですが、普段温厚なおかんが激ギレしてました。

 

 

では。