ウケる笑いとスベる笑い〜lol’s blog〜

何気ない日常の会話に、ウケるスキルで笑いを起こす(^_^)v

マイナスイメージに応える

もし、あなたが普段から笑いたい笑わせたいと思っているならこのブログはお役に立てると思います。笑いの事例を収集、ウケる仕組みを分析し、ゆる〜い感じで体系化しました。簡単に実践できるよう、わかりやすく具体的にご紹介してきます。何気ない日常に笑いを!

 

今日は「相手のマイナスイメージに応える」です。

 

一年ほど前に退社した元同僚をフットサルに誘いました。

元同僚とは社内のフットサルにはよく行っていましたが、そこまで仲が良い感じではありませんでした。

メールで誘ったのですが、一週間経っても返事が返ってこなかったため、今度のフットサルに一緒にゆく会社のメンバーに相談しました。

 

私「一週間経ってもメールが返ってこないんだよねー」

Bくん「えー、あの人そんなメール返さない人じゃないけどなぁ、、、本当にメールが届いていないか、もしくは本当にlolさんのことを嫌っているか、、、」

(ちょっと含んだ言い方でフってきているのがわかります)

 

 

 

私「多分、、、、、、嫌われてるんだろうな」(ボソッと言います)

Bくん「ギャハハッ」

 

相手の、期待しているマイナスイメージに応えることにより笑いを生むことができます。ある意味ノリツッコミみたいな感じですね。

 

では。

ゲラノロル

 

 

 

 

 

毛穴ばばあの件

はてなブログに出てくる広告『毛穴ババアと呼ばれて本気出した結果』がウザいなぁと思っていたんです。しかし、余りにも何回も出てくるから、根負けして見てしまったんですね。そしたら、

 

「毛穴の開き」ってホ~ントムカつきませんか?(笑)

パックで赤くなってしまった鼻と黒い角栓で、まさにイチゴ鼻の状態。

昔付き合っていた彼氏が、私の赤い鼻を摘まむような仕草で「イチゴ狩りできるねっ」と言ってきたときは、マジで殴ってやろうかと思いました・・・。

 

イチゴ狩り!オモロイやないかッ(≧∇≦)でも、、、

だとしたら、それ壊死や。はよ、病院行かな。

 

そんで、そんなイチゴ鼻の奴見たことないけどなぁと思ってたんです。

 

でも、アンテナ張ってたら、不思議です今まで見えていなかったものが見え出しました。

おりました、会社に。

もうね、イチゴ鼻をいじりたくてしょうがなかったんですが、今日は忙しくて断念。

こんな身近におるんやと、広告勧めたらなと思っています。

 

 

では。

何度も同じことを繰り返す

もし、あなたが日常で笑いが欲しいと思っているなら、このブログはお役に立てると思います。笑いのメカニズムを収集し体系化。何気ない日常にちょっとした笑いを!

 

今日は「何度も繰り返す」です。

よい事例が見当たりませんでした(ToT)

なので、youtubeから持ってきました。

しかし、破壊力抜群です。

大好きです!

 

吉本新喜劇のすっちー&吉田さんの

「乳首ドリルすな」です↓↓↓

 


やっぱり すち子さんオモロイわ〜(笑)と、松浦真也&吉田裕の歌ネタ

すみません。

モバイル端末で見れないって表示されますね。(;´д`)

なんでだろ?フェイスブックでは再生できたのに(*_*)

知識不足で申し訳ありません、勉強します^_^

 

一時間後、、、

 

改修しました。スマホでも見れるようになりました。

やっぱりオモロイッ!

あーーー、お腹痛い(笑)

 

では。

先を読ませておいて逆を言い裏切る

もし、あなたが日常でもっと笑いが欲しいと思ったら、このブログはお役に立てると思います。笑いのメカニズムを収集し体系化。ウケるトークスキルで何気ない日常に笑いのシーンを増やしましょう。

 

今日は「逆を言う・裏切り」です。

こう言うだろうなと思わせておいて、逆のことを言ったり、裏切る発言をします。

 

 

 シーン1

(上司からの無茶振り残業を手伝ってもらっている)

A「うわーーー、サンキュー!残業もう終わったよ!マジで助かったわ。なんでもおごるよ、ってかなんか奢らさせてください!」 

B「マジで!?やった!これはねー飯おごるレベルでは済まされないですよ!」 

A「ですよね!ですよね!もうね、なんでも好きなもの言ってよ。。。

で、何ドナルドがいい?

B「限定じゃん(笑)」

 

シーン2

(居酒屋にて)

A「結構メニューあるねー」

B「ホント、迷うなぁ」

A「取り敢えず店員さん呼ぼうよ」(ピンポーン)

店員「はい、ご注文は?」

A「ビール二つ、それと、、、ここのお店のオススメは?」

店員「今日は、ズワイガニのカニ鍋ですね。」

A「なるほどぉ、、、じゃあ、寒ブリ。」

店員(なんで聞いた?

B「なんで聞いた?(笑)」

 

では。

ダイバーシティって悪意があるなぁ、、、と

今日はサクッといきます。

 

お台場ダイバーシティ東京

「東京のダイバー好きが集まる街・お台場」だとばかり思ってました。疑いもしなかったです。

あなたもそう思ってますよね、ふふふ。

 

 

でもダイバーシティって、多様性って意味なんですって。

ややこしいッ!バラエティーでいいんじゃない?

危ないところやったで、このまま人様に言っていたら大恥かくところやったわ。

名前付けた人も「ダイバーシティにしたら、ダイバーの集まる街って勘違いする奴絶対おるで、ククク」と思いながら命名したんだろうなぁ、、、とネーミングに悪意を感じる今日この頃。

適当

もし、あなたが、日々の生活で笑いを増やしたいと思っているなら、このブログはお役に立てると思います。笑いのメカニズムを収集・体系化。人生に笑いの時間を増やすウケタイム。

 

今日のテーマは「高田純次化」です。

 

これは高田純次さんのパターンで「驚いた後、マイナス1する」です。

 

あなた「お母さん歳お幾つ?」

おばさん「ええ?私?、、60歳」

あなた「えー!60歳には見えないなぁ!59歳かと思った。」

おばさん「あははは!」

 

上司「俺、最近、健康に気を使おうと思って、すごいサプリメント飲んでんのよ。」

あなた「へー?どれくらい飲むんすか?」

上司「一回で10種類くらい飲んでる。色々と体に良いやつ。」

あなた「えー!それは飲み過ぎですよ、せめて9種類くらいにしないと。」

上司「あんま変わらんわ!」

 

(結婚式二次会にて)

あなた「お前、なんぼ包んだん?」

友人「え?3万円」

あなた「え!あんなに世話になったのに?もっと包まないと。」

友人「でも、相場だろ。」

あなた「せめて、3万100円は入れないと、、、」

友人「ほぼ同じだよ!祝儀袋に小銭入れてんじゃないよ。」

 

すごいですねとか驚いた後、ほんの少しだけ減らし(増やして)てコメントする。

相手もすぐに冗談だと察するので、ツッコまれやすいです。

 

他有名な高田純次さんのフレーズを紹介します。

「こんにちは、ジョニーディップです。」

「朝からいい男ですみません。」

「君はS?それともM?僕はLだけどね。」

 

では。

 

 

韓国あるある

もしあなたが、日々笑って過ごしたい、笑ってもらいたいと思っているなら、このブログはお役に立てると思います。笑いのメカニズムを収集・体系化。ウケるトークスキルで何気ない日常を笑いで彩りましょう。

 

今日は「ふ」を「ぷ」に変えて言うです。

昨日に引き続き、あるあるネタです。韓国あるあるになります。

私は、仕事の関係上、韓国の方とやりとりをする事があります。

仮にパクさんとします。パクさんは日本に来て20年も経ち、永住権も取得しています。日本語も流暢に喋れますが、発音は直らないみたいです。

特に気になるのが「ふ」と「ぜ」なんです。

パクさんは「ふ」を「プ」、「ぜ」を「ジェ」と発音します。

会話の節々で出て来ます。例えば「OFF」を「オプ」と言い、「全部」を「ジェンブ」と言います。しかし、語感が可愛いので少し微笑ましくもあります。

パクさんに来社してもらった時に、日本語発音テストをやってもらいました。

「湯豆腐」って言ってみて下さいと振るとパクさんは「ゆどうぷ」と返して来ました。予想どうりの回答です。でも私は大笑いです。なんかカワイイんですよね。

じゃ、「ぷ」はどうなるんだろうと思って、「ダンプ」は?と聞くと「ダンプ」と返って来ました。どうやら「プ」は「プ」らしいです。

ちょっと長めの単語だったらどうなるんだろうと思い、「カッターナイフ」は?と振ると、パクさんからは「カッターナイプ」と返って来ました。

やっぱり、「ふ」って言えないんだなぁ、でもなんか可愛くてウケるなぁ。

さらに、「捨て台詞」って言ってみて下さい。と振ると、「ステジェリプ」とWで韓国発音となり、なんかワイルドな感じになりました。

最後に普通に、「A,B,C,D,E,F」って言ってみて下さい。と言うと「エー、ビー、シー、デー、イー、エプ!」っとパクさんもちょっと調子に乗ってエプの部分を強調して来たので、ヤリにきやがったと思いましたが、それでもシンプルで面白くて、爆笑してしまいました。

そしたらパクさんが、普通に「ふふふ」と笑っていて、(なんや!パクさん『ふ』って発音できるんかよ)と思いました。どうやら笑うときは「ふ」の発音ができるみたいなのですが、話がややこしくなりそうだったので、「ふ」の発音ができないと言う状態で終わっておきました。

 

では。

 

 

旅行外国人あるある

最近、外国人旅行者が多いですね。

いままで、駅にいる外国人を見て、なんか違和感を感じていたんですが、それが何かわからなかったんです。

しかし、今日、いきなりヒラメキその違和感がわかりました。

日本に旅行で来ている、欧米系の女性は殆どこんなスタイル。

大体リュックサック。ま、これはしょうがない。

f:id:laughoutloud:20170301133723j:image

私の研究だと、彼女らの半分はケツアゴです。

f:id:laughoutloud:20170301135311j:image

そして、彼女らの下半身ファッションは、殆どがビッタビタのスパッツからのNIKEスニーカーです。

 f:id:laughoutloud:20170301135322j:image

 これは、本当に確率が高い!

ビックリするくらい、みんなコレ!!

この変なファッションに私は違和感を感じていたんです。

別に見たいわけじゃ無いんだけど、目が行くのよ。

変だから。

ビッタビタのスパッツだから、ムチムチ感が木彫りかなってほど浮き彫りなんですよね。ケツのラインとかプリンプリンでからね。スカートとか上からはけばいいのにと思うんだけど、履かないんですね。半裸同然なので、、、、目のやり場に困ります。海外では流行ってんのかな?

とにかく、彼女らが本当にイイと思ってやっているなら、「それ、おかしいよ。」って今度注意しないといけないなと私は思ってます。

 

両方断る

もし、あなたが、日常で笑いが取りたいならこのブログはお役に立てると思います。

笑いの起こるメカニズムを研究・体系化。何気ない日常を笑いで彩るウケるトークスキルをお伝えします。

 

昨日にひき続き、両方シリーズです。

二者択一を迫られた時、思い切って両方とも断る。

 

こんなシーンです。

(営業成績が悪くて)

上司「来月から減俸か転勤かどっちか選べ。」

部下「・・・」

上司「黙ってたら、何にも分かんねぇよ、何とか言えよ」

部下「げ、減俸で、、、」

 

ここは思い切ります。笑いが取れるのがベストですが、一旦拒否る事で相手の要求を和らげる効果もあります。

 

(営業成績が悪くて)

上司「来月から減俸か転勤かどっちか選べ。」

部下「くっ、どっちも嫌ですっ!」

上司「ダメ(笑)」

 

そしてこんなエピソードもあります。

これは落語家の立川志らくさんが、立川談志師匠に弟子入りした時のエピソードです。

志らくさんが語っています。

『弟子が5、6人、身の回りにいたんだけど、師匠は「今時の若い奴はなんにもわかんない」ってイライラして、築地の魚河岸に人間修行に行かせちゃった。洗濯から何から師匠が自分でやらなくてはならなくなって、そこに私がふっと入った。師匠とマンツーマン。洗濯機のかけ方から服のたたみ方から教わりました。

家事なんて、なんにもやったことがない。で、師匠が「オレがくたびれるから、おまえも築地に行ってこい」って言い出した。「イヤです、自分は魚屋で働くために弟子入りしたんじゃありません」「じゃ破門だ」「それもイヤです」「両方イヤか、しょうがないから、いろ」。師匠はよそで「みんな築地に行っちゃって帰ってこない。あっちの方がいいってことなんだ」と言っていて、「今度入った弟子はすごいよ」って、前座のくせに天下の立川談志に2つも「イヤです」と逆らったので。それ以降はものすごく可愛がってもらいました。』(※ちょっと修正してますが、ほぼ引用です)

 

断る事で、笑いが取れるだけでなく、新たな道が出てくるかもしれません。

では。

両方とも欲しがる

もし、あなたが日常の会話で笑いが取りたいと思っているなら、このブログはお役に立てると思います。様々な本、DVD、テレビから笑いが起こるメカニズムを研究、体系化。何気ない日常に笑いを起こす。

 

二者択一を迫られた時についついどちらかを選ばなければならないと思ってしまいがちです。しかし、視点を変え、欲張って両方とも欲しいと言ってみましょう。新たな道が開けるかもしれません。

 

こんなシーンです。

あなた「ごめん。今度の土日仕事が入っちゃってデートいけなくなちゃった、、、」

B美「、、、私と仕事どっちが大切なの?」

あなた「もちろんB美ちゃんに決まってるじゃん、そんな言い方しなくてもいいじゃん。」

B美「だったら、仕事休んでよっ!」

あなた「今忙しい時期なんだって。わかってよ。」

B美「もういいっ!」ピッ。プー、プー、プー

あなた「もしもし?もしもし!全く何なんだよっ!」

 

あなたも彼女も頭ではわかっているのです。でも、感情的になってしまいちょっとイラっと来てしまい、お互い引っ込みがつかなくなってしまいました。

そこで、

あなた「ごめん。今度の土日仕事が入っちゃってデートいけなくなちゃった、、、」

B美「、、、私と仕事どっちが大切なの?」

あなた「正直、、、両方ですっ!!」

(ここで笑いが起きれば一旦収束、笑いが起きない場合は、相手も意外な返しでどう言うか考えているので、その間にこじつけを考える)

B美「ふざけてんの?」

あなた「ふざけてないよ。B美ちゃんも大切だし、仕事も同じくらい大切なのよ。天秤で計ってもぴったり同じだし、定規で計ってもぴったり同じ。プーチンとツルツルの犬の顔ぐらい同じだし、金正恩の髪型と受話器ぐらい同じ。もしB美ちゃん俺が無職だったら付き合う?付き合わないでしょ?誕生日のプレゼントとか渡せないし、友達に紹介しづらいよ。給料がないからデートもできないのよ。逆にそんな奴と付き合っちゃ駄目。長期的にみたらよくないのよ。だから両方とも大事なの、わかって!、でもB美ちゃんの方が大事だけどね」

B美「、、、なんか、騙されてる感じもするけど、、、わかったよ。」

あなた「いや、良かった。B美ちゃん分かってくれてホント良かった。じゃ、その次の日曜日は?」

 

笑いが起きない場合を考えてしまい、文章が長くなってしまいました。

すみません。では。

意味ない

今日、近くの公園を散歩していたら、犬を斬新な方法で散歩させているおばあさんに出会いました。

こんな感じです。

 f:id:laughoutloud:20170226172804j:image

台車に乗せられて、散歩する犬。

犬も慣れたもんで、どっしりと鎮座してます。

「意味ないよ!」って心の中でツッコミを入れました(笑)

 

自称M女

自分で自分のことをM(マゾ)だという女を信用しません。

Mだと思って迂闊に近づいたら大火傷を負います。

 

この前も自称Mの女性がいらっしゃいました。途中からイジリモードになったのですが、「なんでそんなこと言われないといけないのよ!」と逆ギレされました。

耐え忍ぶ素振りもない。

本当にMの人は逆ギレしないと思うんですよね。

 

自分で自分のことを「私はMですよ。」って言ってる時点でMじゃなくて、計算をしていると思うんです。

Sって言うとキツイ女を演じる必要があるし、下手したらウザがられるかも知れない。話しかけられたいし、チヤホヤされたい。でもおおっぴらには言えないし、他の女性の反感も買ってしまうので、Mと言うことによって「私はいじられキャラなので、話しかけてねっ」て計算をしていると思うんです。

 

そして、計算していたより以上にイジられてしまったら、逆ギレですよ。こっちがビックリしちゃいます。

私は自称M女のMは、計算高く男を手玉に取ろうとするためにマジックを使いますよのMだと思います。

罪をなすりつける

もしあなたが日常でもっと笑いが取りたいなら、このブログはお役に立てると思います。何気ない日常にウケるトークスキルで笑いを起こす。

 

今日は「第三者に罪をなすりつける」です。

小馬鹿にしていた対象が、話していた相手だったので、「って○○が言っていたんですよ。」と罪を別の人になすりつけます。

 

こんなシーンです。

A「彼女宛に書いたラブラブメールを間違えて、ウチのお局に送った奴がいるらしいですよ、バカですよね、よく見ろや」

上司「それ、俺のことだわ、、、」

A「えっ!す、すみません」(~_~;)

 

これでは自分が悪くなってしまいます。

なんとか、テンパらずに厳しい状況を逃れたいものです。

そこで、

 

A「彼女宛に書いたラブラブメールを間違えて、ウチのお局に送った奴がいるらしいですよ、バカですよね、よく見ろや」

上司「それ、俺のことだわ、、、」

A「って、山田が言ってました(笑)」

山田「俺言ってねーよ!」

上司「お前(山田)なぁ」

山田「だから、俺じゃないっす!」

A「あはは」

 

冗談と分かるように、全体的にちょっとコントっぽくなるよう雰囲気づくりが大切です。

では。

即レス

もし、あなたが普段の会話で笑いが取りたいと思っているなら、このブログはお役に立てると思います。普段の何気ない会話で笑いを起こすウケるトークスキルをお伝えしています。

今日は、「即レス」です。

 

こんなシーンです。

上司「B君、パン買ってきてくれるかな」

B「はい、わかりました。」

そのまま、従順にやり過ごしてしまうのは勿体無です。

 

上司「B君、パン買っt」

B「嫌です!(笑)」

上司「はやっ!」

 

食い気味で、相手に冗談だと伝わるように心がけましょう。

 

では。

 

 

 

 

 

 

やってる事と逆のことを言う

今日は、「やってる事と逆のことを言う」です。

基本的には、一緒にいる第三者を意識しての発言になります。

ともすれば見落としがちな、ワンシーンに一言添えるだけで、笑いが起こせます。

 

こんなシーンです

(高速道路、左への合流)ウインカーを左に出しながら、、、「右へっ!」

バンジージャンプで膝がガクガク震えているのに、「余裕。余裕。」

「こんなエロ漫画誰が読むのかねぇ、、、」と言いながらガン見する。

 

では。