ウケる笑いとスベる笑い〜lol’s blog〜

何気ない日常の会話に、ウケるスキルで笑いを起こす(^_^)v

祝♡ 読者数100人^_^

いつも読んでいただきありがとうございます!

このブログの読書さんが100人になりました。

つい先月まで30人ほどの弱小ブログ(通称:瀬戸内弱小ブログ)だったので素直に嬉しいです。

そして、一日のPVも増えました。ブックマークに嬉しいコメント、ツッコんでもらえるコメントがほとんどで、ニヤついてしまいます。この反応を楽しむためにブログを書いてたりします。

しかし、PVが伸びる時はブコメにネガティブコメントも書かれるようになりました(´;Д;`)

私は打たれ弱い人間なので、とても耐え難い気持ちになります。

しかし、そんな時いつも読んでいただいている方が励ましてくれるのです。

これがめちゃくちゃ嬉しいんです。

目頭が熱くなります。

感動して鳥肌が立ちます。

ブログでこんなに勇気をもらえるなんて思ってなかった。感動できるなんて思ってなかった。

プラスの方向を向いている人、プラスの方向に向けてくれる人、プラスの輪を広げることができる人

私もそんな男前な奴になりたいですね!d(^_^o)

 

読者の皆様、いつも本当にありがとうございます。

感謝! m(_ _)m 

 

 

では。

 

クレーマーに思うこと

これは前職の壁を工事したり塗装をする会社で、あるマンションの駐輪場の塗装をしたときの話です。

 

塗装をした次の日、朝一で電話がかかってきました。管理員さんの電話を借りて住人からクレームの電話です。

 

f:id:laughoutloud:20170723223646j:image

「きのうお宅が塗装したときに、ウチのバイクのミラーが曲がったままになっているんですよ、戻しに来てくれないと困りますよ!」

「え、申し訳ございません、、、ミラーを曲げてしまったのでしょうか?」

「正確に言うとミラーを回して角度を変えたままで、戻されてないんですよ!」

(、、、そんなの、、、自分で直せるじゃん、、、)と思いながら、「当社でミラーをまわしたまま、戻さず帰ってしまったということでしょうか?」

「そうですよ。お宅はどういう工事をしているんですか?他人様のものを勝手に触って、戻さず帰るんですか?」

「いえ、そういうわけでは、、、」

「とにかく、ミラーを戻しに来て下さい!私は昼から出かけるのでそれまでに直しに来てくださいね!」と言って私の返事「はい、伺います」に食い気味でガチャギリされた。

 f:id:laughoutloud:20170723224929j:image

えー、何この住人、、、クレーマーやわぁ、、、

しかし、こういうときは素早い対応が必要。今日の予定を全てキャンセルし、謝罪に向かうことに。

上司にも相談する。

「本当にクレーマーなのだろうか、、、普通あんなに怒らないよな、、、ひょっとしてハーレーとか高級バイクなんじゃなかろうか?万が一傷とか付けてたらどうしよう、、、」

f:id:laughoutloud:20170723230733j:image

急に不安になり、伊勢丹によって5,000円もする菓子折りを買い、万全の体制を整えマンションに向かう。

行きの電車の中で、バイクオーナーとの会話のやり取り(とにかく謝る作戦)を何度もシミュレーションしているとすぐに着いてしまった。

f:id:laughoutloud:20170723224528j:image

管理員さんに連絡をしてもらって、バイクオーナーが現れた50歳前半、めがねをかけた吊り目、やけに髪が黒くて細めの浅黒い男性。サラリーマンではなさそう、、、自営業とかしてるのかな。

 f:id:laughoutloud:20170723223855j:image

「この度は大変申し訳ございませんでした!」深々と頭を下げる。

「あなたは担当の人?私昨日休みでね、作業を見てたんですよ、、、そしたら、、、」

(話長っ)ここから10分ぐらい、もし傷だったらとかその人の仕事感(警備関係と判明、バイトなのか?)とか、アメリカがどうとか、色々話され、相槌を打ち、たまには同調し、謝罪を重ねクレーム対応しました。

時を見て、再度深々と頭を下げ「当社の不手際です。まことに申し訳ございませんでした。これ、つまらないものですが、、、」といって菓子折りを渡す。

「まぁ、こうやって来ていただいたのでいいですよ、、、駐輪場へ行きましょう」

 

f:id:laughoutloud:20170723224144j:image

やった!やっとお許しが出た!疲れたぜ!スゲー疲れたぜ!良くやったよオレ!

と自分を褒め称えながら、マンション裏手にある駐輪場へ、そこにバイクも止めてあるらしい。

「あ、これですね」とオーナー。

確かにミラー違う角度に曲がってる。

クルッと直す、、、2秒。たったの2秒である。

「これでよろしいでしょうか?」とかしこまって私。

「ええ」とオーナー。

その声で緊張が解け、我に返った。視界が広がった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このバイク、原付じゃねーか!

普通のホンダ・トゥデイじゃん!

 

心の中でボリュームMAXで叫びます(「ええ」じゃねーよ、ざけんなっ!こんくらい自分で直せ!時間を返せ!菓子折り返せ!5000円返せ!俺の深々謝罪返せ!この原付野郎がっ!)

f:id:laughoutloud:20170723221425p:image

 こんな目にもなります。

 

では。

 

 

読書アウトプット

タイトル:怖い絵

著者:中野京子さん

 f:id:laughoutloud:20170722172537j:image

 本のタイトルと表紙の絵でジャケ買いしてしまいました。

美の巨匠とか嫌いじゃない。

絵に隠されたメッセージを解説してくれるからです。

この本も、絵画に隠されているメッセージを伝えてくれる本になります。

 

f:id:laughoutloud:20170722172714j:image

この絵は、ラ・トゥールの『いかさま師』です。

明らかに目つきが鋭い中心の女、この本の表紙も飾っています。

 

この女だけがいかさま師かと思いきや、右の位の高い家の若い男(女ではないのです)以外は、全てグル。

 

若い男(=カモ)は、金貨が多くここまでだいぶ稼がせてもらっています。今回も勝てると思い手札に夢中になっているところで、酒を注ぐ女がカモの手札を伝える役目をし、鋭い目つきの女が自然に「どうぞ」と言いながら、左の男に手で指示を出しているところなのです。

 

ここからカモが身包みはがされる「まさにその時」の絵なのだそうです。確かに怖い絵です。

目つきも鋭すぎて怖いを通り越して笑けてきます。

買う前から、笑ってましたが、、、

 

f:id:laughoutloud:20170722173045p:image

 

 

では。

わざとらしくアピる【日常笑会話】

もし、あなたが普段から笑い笑わせたいと思っているなら、このブログはお役に立てると思います。ウケる事例をちょいちょい集め、ゆる〜く体系化。具体的な事例で紹介します。何気ない日常に笑いを!

 

ワザとらしくアピる

自分をワザとらしくアピールする。今までそんな雰囲気を出していなかったのに、相手の発言を受け、急に相手の意向に応えるようアピり返し笑いを狙います。

 

【用例】

 

<飲み会で>

男「好きなタイプはどんなの?」

女性「わたし?んー、優しい人が好きかな」

男「大丈夫?腰は痛くない?エレキバン持ってこようか?さするよ、俺はだいぶさするよ。」

「激しい縦揺れ」のフリー写真素材

 

 

 

 

男「好きなタイプはどんなの?」

女性「わたし?んー、ワイルドな人が好きかな」

男「俺、重機で退社するよ」

f:id:laughoutloud:20170711194210p:image

 

 

 

 

【応用】

ちょっと、トリッキーな自虐ネタや連想で話を膨らませることもできます。

 

 

女「私、料理できる男性が好きかな」

男「ちょうど良かったよ。俺、脇毛でダシ取れるから」

脇毛の処理を怠った水泳選手

 

 

 

 

女「私、料理できる男性が好きかな」

男「俺、顔のアブラすごいから、小さじ一杯までなら俺で大丈夫だよ」

社長が話しかけてくる時の顔の距離がやたら近い

 

 

男A「ぼく、セクシーな人がいいんですよね〜」

女「えぇ〜!?」

男B「俺も」

男C「なんなら半裸ぐらいの」

女「そんな子、この中にいるのかなぁ、、、」

f:id:laughoutloud:20170722064424j:image

 

 

では。

相手が考えてそうなことをいう【日常笑会話】

もし、あなたが普段から笑い笑わせたいと思っているなら、このブログはお役に立てると思います。ウケる事例をちょいちょい集め、ゆる〜く体系化。具体的な切り口で紹介しています。何気ない日常に笑いを!

相手が考えていそうな事を言う

相手が考えていそうなことを読み、口に出して笑いを誘います。俗に言う図星。最後に逆ギレチックにいじることができると笑いが増します。

 

【用例】

突然の紙詰まりを直しに来た社内の複合機通

男「チッス、あ、今ウザいヤツが来たって思ったでしょ」

 

 

 

恥ずかしくて視線を合わせることができないドイツ語教師

<2月13日に>

先生「ここ、テストに出ると思うよ、多分出るかな、いや必ず出るね!」

女子「もしかして、明日バレンタインチョコもらえると思ってない?、、、あげないけどね(笑)」

 

 

 

「駐車中のオフロード車」のフリー写真素材

男(駐車場にバックで車を入れるとき、腕を助手席にまわす)

女「もしかして、それやったら私がキュンするって思ってるんじゃない?、、、キモいからっ」

 

 

男「もしかして、それやったら許してもらえると思ってない?その部位、俺のだから」

 

 

腰にひねりを加えることで、キータッチの速度を従来の37倍にまでアップさせる

<ボタンを押した途端、ドゥンッと画面が暗くなる>

「いきなり画面落ちたけど、今『俺のせい?』って思ってるでしょ」

 

 

では。

倒置トーク【日常笑会話】

もし、あなたが普段から笑い笑わせたいと思っているならこのブログはお役に立てると思います。ウケる事例をちょいちょい集め、ゆる〜く体系化。具体的な切り口で紹介しています。何気ない日常に笑いを!

 

倒置トーク

話す順番を逆さにすることで面白みが増します。理由の部分を最後のオチにします。

ちょっと気をつけるだけで、クスッとくるコメントになるので試してみてください。

類似の形として、関西人の「〇〇したらええんちゃう、知らんけど」もあります。

 

 

【例文】

「デブなのに、ダイエットのことめちゃめちゃ詳しいんですよ」

↓ ↓ ↓ 

「ダイエットのことめちゃめちゃ詳しいんですよ、、、デブなのに」

 

 

【用例】

 f:id:laughoutloud:20170714075331j:image

「すごいアピってくるんですよ、、、彼氏いんのに」

 

 

 f:id:laughoutloud:20170714075402j:image

「めっちゃ笑ってるじゃないですかぁ、、、あの本『応仁の乱』なんですけどね」

 

 

 

 f:id:laughoutloud:20170714081732j:image

「みんなよってたかって僕をいじめるんですよ、、、ハゲてるからって」

 

 

過去の武勇伝を語りだす男性(5度目)

夫婦円満のコツを語るんですよ、、、バツイチなのに 」

 

 

では。

読書アウトプット

タイトル:そうだ、星を売ろう

著者:永井孝尚氏

 f:id:laughoutloud:20170717215658j:image

先日、長野県阿智村の「日本一の星空」を見てきたのです。

まぁ、確かに「おおお!」となって、星を売るなんてすごい発想だなぁと思ってたんです。

そしたら、泊まっていた旅館にこの本が置いてあり、自分の実体験とすり合わせて読書ができると思い読みました。

フィクションと書かれていますが、実際は実話に近いビジネス物語ではないかと思います。

私はこの星空ありきで、村全体が一丸となって村おこしをしたものだと思い込んでいたのですが、現実はそんなキレイ事・あまいものではありませんでした。

そもそも、夜空がすごいなんで村の人は誰も思っていなかった。

村の行政を取り込み対立するコンサルタントの嫌がらせや妨害工作

人がいない、モノがない、カネがない。リスクをとらざるを得ない。

少しお客が集まりだすと客を回せとせびる地域旅館たち。

さらにお客が集まりだすと、ウチにメリットがないと騒ぎ始める地域商工会会員たち。

色々な障害物を乗り越えるサクセスストーリー形式で「変革を推進するための8段階のプロセス」が紹介されています。

また、『日本一の星空ナイトツアー』で80歳の母の手を握って感動した娘の手紙。

行列が長すぎて並んでイライラする客に露店を出してほしいと商工会にお願いしても面倒臭がられ、そのことを雑談交じりに相談していた五平餅を作っているおばちゃんたちが「情けねぇ話だねぇ」と言って五平餅の露店をかってでてくれたエピソード。

対立するコンサルタントの部下だった男が、星空の美しさに心を打たれ星空ガイドに応募してきたくだり。

など、読んでいて目頭が熱くなる感動エピソードもよかったです。

 

体験と本が身近でリンクするっていいですね。

あと、泊まった宿の気配りが凄くてそれにも感動していたのも多分にあります。

泊まった旅館は『石苔亭いしだ』さんというところです。19室しかない旅館なのですが、旅館の雰囲気や接客・サービスが良い。素晴らしくてファンになりました。これは次も泊まりますね(^o^)

 

では。